«  2015年6月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2015年6月17日


なかもずデンタルスタジオにマイクロスコープが設置されました。


  

11403371_748644968577817_8222737759976765280_n.jpg

 

11424458_748645001911147_2631380446873225539_n.jpg

11536121_748645018577812_35518495022084841_n.jpg

精密な治療をご提供するために、当院のDrは皆、拡大鏡を使用して治療にあたっています。

不快な治療のやり直しや虫歯の再発生の確率を著しく減らすためにも精密な治療は必要不可欠です。

肉眼だけで治療となると、歯の細部までは到底見る事ができませんので経験や勘に頼る治療となってしまいます。

顕微鏡を使った治療では1ミリ以下の精度が要求される治療を

肉眼での治療よりはるかに精度の高い処置で行う事が可能になります。

 

そのために当院が採用したのは、ドイツ・カールツァイス財団の誇る最高グレードのマイクロスコープ(歯科用手術顕微鏡)。

マイクロスコープは、20倍程度に拡大することができ、

肉眼では確認できない根管内部など精密に確認することができますので、今までより治療の精度を格段に向上させます。

拡大鏡を使用することで治療の質はかなり向上しますが、マイクロスコープはより細部まで見えるようになります。

目視の治療でおこりがちといわれる虫歯の削り残しや隣接歯を誤って傷つけることなどが激減します。

この「見える歯科」は、歯科医療界に革命を起こすと期待されています。

 

マイクロスコープの特徴

 

精密な処置により、修復物の耐久性が飛躍的に向上します。

歯の内部の神経や根の治療の成功率が向上し、再治療の可能性を著しく低下させます。

目視のみと大きく異なるのは、『歯科医療の可視化』

 

大きなモニター画面で見たり、治療の記録を動画や画像で保存が可能になります。

モニター画面は患者様の目の前に設置しているモニターに映し出されます。

11391140_748645051911142_7341058265148430529_n.jpg

非常に細部まで明るく視野を保ちながら、精密に治療を行うことができます。

ちなみに、アメリカの歯科大学では、歯内療法大学院の授業で顕微鏡をつかった実習が義務づけられています。

 

今後は日本でもこのような治療方法が増えていくこととは思いますが、

現状ではマイクロスコープを所有する医院は数えるほどしかありません。

歯がいかに大切で、治療が難しく、いかに予防が難しいかと考えると、

細部の治療にはマイクロスコープは必ず必要なツールになります。

 

顕微鏡歯科のメリットとデメリット

 

メリット
  • 非常に大きく拡大して見ることができる。
  • 精度の良い治療ができ、歯の寿命が延びる。
  • 治療中の状況を映像で見ることができる。
  • 抜歯しなければいけないと言われた歯が残せる可能性がある。
  • 非常に綺麗な治療が出来る。

デメリット
  • 限られた歯科医院でしか行われていない。
  • より丁寧に精密に治療が行えるため、治療時間(期間)が長くなる可能性になる。
2015年6月16日


先週よりDr.MASUDA、ペンシルバニア大学でのペリオ-インプラントの臨床研修のため、日本をはなれておりました。


なかなかご予約のお時間が取れない中、皆様には大変申し訳なく思っております。


大いなる学びを得、月曜日無事に帰国いたしました。


2015-06-17 15.10.48


 


皆様へより良い医療の提供へ繋ごうと、意気揚々と本日より診療を開始しております。


今回の学びの場は「MID-G」メンバーでのペンシルバニア大学です。


penn_PENN.jpg

Penn_wada.jpg

penn_Kim.jpg

ペンシルバニア大学は歯内療法の分野で名高い大学...かの有名なLindhe先生もこの大学で教授を歴任しています。

今回の臨床研修には台湾からの参加者もいました。

ハーバード大学大学院を卒業、現在はペン大にてペリオインプラント科准教授としてご活躍の和田先生はじめ

素晴らしい講師陣から直々のエンドの講義、ライブサージェリー、ハンズオン実習などを受けました。

日本ではまだあまり行われていない技術や考え方の中には、日本と大きく異なる生体材料の扱い方もあります。

 

ますだ歯科では、歯科医療の発展のために必要なことは、取り入れていきたいと日々努力、尽力しています。

今回m当院の自由診療フロアでは顕微鏡歯科に対応すべく、マイクロスコープを設置いたしました。

今、歯科医療の現場のTopが憧れるペン大のエンド。学んだことをしっかり皆様に医療の形でご提供していきたいと思います。

 

      <ペン大で授与されたサーティフィケイト>

img143.jpg

2015年1月 4日

とってもおいしくて歯にいいおやつです!

安心安全の国産、素焼きなので余計なものは入っていません。

おいしいのでぜひお試しください♪

1/5より販売開始!!

今なら500円を450円にてお得に試していただけます。

あたりめは、そのまま食べてもよし。

オーブントースターで軽く炙ってからお召し上がりいただけるとさらにおいしくなります。

料理にもいろいろつかえちゃうので、とっても便利です!!

あたりめPOP.jpg

2014年12月31日

2016:スタジオ年賀ポスター.jpg

2014年11月29日


当院で使用しているのはこちらのカメラ


1.jpg

色調を含め、患者様の口腔内をより正確に記録するのに適したカメラです。


口腔内カメラ撮影はとても大切な資料の一つです。

最初に撮影することで現状がはっきりとわかります。


もちろんささやかな変化もしっかり写し取ってくれます。

患者様の中にはあまり、この撮影好きじゃない、とおっしゃる方も

少なからずいらっしゃることと思います。


写真には比較しやすいよう規格サイズで撮影するのが基本ですが、

それでも口を大きく開け、ミラーを入れることで

反射的に気持ち悪くなってしまう方や、口の粘膜がかたい方、

口を大きく開けられない方もいらっしゃいます。

できるだけ良い写真を撮りたいのですが、無理は禁物です。


そこで当院ではできるだけ患者様の負担にならないよう

様々な工夫をしています。

2014-11-28 15.37.00.jpg

たとえば「ミラー」。ガラスとステンレスがあります。

ガラスの利点は明るさを保ちやすいところ。

けれど、厚みがあるので違和感や負担を感じやすくなってしまいます。

そして重さもあるので、撮影者が不慣れだと上手に撮影できません。

なかもずデンタルスタジオではステンレスミラーを採用しています。

明るさを確保するために値は張りますが、カメラもそれに適したものを選んでいます。

2.jpg

設定も専用で様々なモードにできるので、操作性も高くなり、

結果、撮影時間を短くすることができ、色調の再現も正確にできるようになります。

そして、ピントの合わせ方と必要な写真の知識をイメージトレーニング、

講習会なども開催し、すぐに実践というわけではなく、

しっかりと自分の目で正しい写真を覚え、

体の位置やカメラの向きを学んで、実際に何度も練習し実習。

慣れるまで徹底的に練習します。


口腔内写真撮影(規格撮影).jpg

今回は口腔写真撮影の講習会の様子をお見せしたいと思います。

本院で行われたカメラメーカーさんの講習会。講師は歯科衛生士さんです。

2014-11-28 13.57.10.jpg

なぜ、口腔内写真は必要なのか?

それは客観的な理解力と、圧倒的なイメージが「写真」にはあるから。

きちんと比較できる写真を撮ることは信頼度の高い診療を提供することに

つながりますし、なにより患者様ご自身で現状を気づくきっかけになります。

記録することで、経過をしっかり把握することができます。

2014-11-28 14.25.57.jpg

比較することで診療の方向性が明確になり、変化によるモチベーションアップも!!

知識面を講義で学び、いよいよこれから実習です。

2014-11-28 14.51.36.jpg

いくつかの班に分かれ、実際にスタッフの口腔内を撮影していきます。

2014-11-28 14.50.40.jpg

お口を広げるために濡らした口角鉤を入れ、痛くないよう

違和感のないようするりと撫でるようにずらして位置を合わせます。

2014-11-28 14.51.26.jpg

カメラの持ち方、ぶれないようにしっかり脇をしめます。

2014-11-28 14.56.03.jpg


実は、ミラーもこの口角鉤も「ゆきちゃん」という温める機器でしっかり温めています。


角度、ここがポイント!!まっすぐでなけれはいけません。

上向きも、下向きも正しい情報にはならないからです。

2014-11-28 14.52.16.jpg

ひとりひとり実習していきます。

班が多いので、TCもレクチャーしています。

2014-11-28 14.53.32.jpg

2014-11-28 14.55.09.jpg

2014-11-28 15.24.22 HDR.jpg

みんな真剣ですが、楽しそうです。

患者様にできるだけ負担なく手早く、きれいな口腔内写真を撮ること、

それには慣れも必要です。

実は、当院ではスタッフ同士、一緒に昼休憩や土曜の診療後に

お互いに写真の撮り合いをしています。

正しく学んでたくさん練習して、よりよい診療につないでいけるよう励んでいます。


撮るだけではなく、撮られる立場になることで、

より患者様の気持ちに沿った撮影ができるようになります。


なかもずデンタルスタジオでは、そうしたひとつひとつのことに

これからもこだわりを持って診療して参ります。

2014年11月18日


「より自然に...」

より適合の良い、人工歯、そして清掃性の高い人工歯


そのために不可欠なのは「チーム力」と「完成度」。


「自然な歯」という選択...


white or natural?.jpg

それは価値を知らなければ、工程の違いを知らなければ
ただの贅沢に思えるのかもしれません。


歯科医師による、型を取るための形成

口腔内の状態に応じて耐久性を高めるために歯科医師は歯科技工士とも連携をとり、患者様の口腔内環境に応じて、清掃性の高い、適合の良いように、必要な厚みまでも計算して形成しています。


型どりしたものをより精密に再現するための石膏模型つくり

石膏は適正量を守らないと収縮率や耐久性が変わってしまいます。スタッフは毎回メスシリンダーと量りを用いてより正確な計量をし、緻密に正確に再現できるよう流し方にも工夫しています。


技工士が自ら行う「シェードテイキング」

正確に歯の色を確認し記録するために、なかもずデンタルスタジオでは技工士が直接患者様のチェアーまでお伺いし、口腔内写真を撮らせていただいています。より細かな歯の特徴や個性をつかむことができます。

「より自然な歯を」

歯科技工士は、ラボで専門の機械でご希望の材料を使い、技工士が培ってきた技術を駆使。持ち帰った医師の指示を含めた数多くの様々な情報をもとに、人工臓器である患者様にぴったりの究極の「人工歯」を作り上げます。

少しのカーブや角度で清掃性は大きく異なってきます。素晴らしい人工歯は、個々の持つ知識、そして的確かつ正確さだけでは真似できない、さらに上をいく芸術的な面「センス」も大きく影響しているのです。

by koide.jpg

この人工歯は当院のセラミスト「歯科技工士:KOIDE」が製作しました。

自由診療ってきくと 「高いっ!!」「保険で十分」

とおっしゃる方がまだまだたくさんいらっしゃいます。

確かに保険のように補助がないので、高く感じるかもしれません。


でもよく考えてください。

永久歯って一回しか生えてこないんです。


歯は一本でも抜けると大きく周りに影響があります。


おいしく食事をする、楽しく会話する...

より人生を楽しむために。


健康な歯はとても大切な要素。

だからこそ、今一度考えてください。

あなたが望むのはどれですか?

「安い歯?」「白い歯」?...それとも「自然な歯」?


当院技工所のことをもっと知りたい方はこちら

→www.masumasu4181.com 


---------------------------------------------------------------------------------


堺・泉北の痛くない歯医者「なかもずデンタルスタジオ」

完全予約制、全部屋個室、インプラントオペ室完備!!


利便性抜群!!

  地下鉄御堂筋線「なかもず駅」より徒歩1分

  泉北高速鉄道、南海高野線「中百舌鳥駅」より徒歩1分


国家資格保有「保育士」複数名在籍。診療時間内は常駐してますので、パパママも安心してご来院くださいね。


ご予約のお電話は「なかもずデンタルスタジオ」まで

nakamozu_info001.pngのサムネール画像

2014年11月14日


「一生涯、歯を残す」


そのためには、まずは予防!!

でも、それでも、虫歯になってしまったら...???

症状にもよりますが、実は「保険」にはない治療法が

自由診療にはあるんです。


当院は「歯の一生のサイクルをできるだけのばしたい」

と考えています。


保険だと歯の神経を抜かなきゃいけない症例でも

自由診療なら歯の神経を残せることもあります。

部位やむし歯の進行状況にもよりますが、

むし歯の部分すべてを削らずに済む夢の治療と呼ばれる方法があります。

普通は、神経を抜くと被せものになっちゃいますよね...(>_ <)

しかも、奥歯だと銀色に光る歯になってしまいますよね。


でも、自由診療なら選択肢が広がります!!!

症状によっては詰め物で済むかもしれません!!

ドッグスベストの説明.jpg

このドッグスベストセメントはむし歯部分を完全に取り除きません。

逆にむし歯が残っていたほうが都合がいいんです。

むし歯を永続的な殺菌を期待できるドッグスベストセメントの力で殺菌し、

固まらせて治癒します。

神経を残せれば、歯の寿命はもちろん延びますし、ご飯もおいしく食べられます。

味覚は、様々な要素で構成されていて、噛み心地もこの中に含まれていますから...

当院では自由診療選択前に必要な治療については、できるだけ負担のないよう

保険を適用いただきたいと考えています。

その際は、向かいにある当グループの本院「ますだ歯科」での治療が可能です。

この治療に興味を持たれた方は「ドッグスベスト」のページをご覧くださいね。


nakamozu_info001.png


-------------------------------


「詰め物」や「被せもの」と一口に言っても

実は歯医者さんによって全く違うんです。

それは医師だけでなく、技工所が違うから...

歯科医療はチーム医療です。

素晴らしい技術をもっていても材料を使っていても

一人の天才だけでは良いものはできないんです。

次回はチーム医療について少しお話してみたいと思います。




堺・泉北の痛くない歯医者「なかもずデンタルスタジオ」

完全予約制、全部屋個室、インプラントオペ室完備!!

利便性抜群!!

  地下鉄御堂筋線「なかもず駅」より徒歩1分

  泉北高速鉄道、南海高野線「中百舌鳥駅」より徒歩1分

国家資格保有「保育士」複数名在籍。

診療時間内は常駐してますので、パパママも安心してご来院くださいね。


ご予約のお電話は「なかもずデンタルスタジオ」まで

072-250-0418

2014年11月10日

なかもずデンタルスタジオがホームページリニューアルに伴い、医院ブログを新設しました。

はじめまして。

広報・企画を担当していますMAKIと申します。

知ってるようで知らない、興味がなくて...

そんな方にも、もっと歯科のことをもっと知って頂きたくてブログをはじめました。

歯って大切です。

今だからこそわかること、お伝えしたいこといっぱいあります。

歯科だけでなく、巷の情報や、他にもプライベートのことやちょっと思ったことなど...


治療に関しては、詳しいことはHPの各ページをご参照ください。

いろいろな方、いろいろな考え方があると思いますので、

このブログでは、一個人として書いていきたいと思います(^_^〃

これからどうぞよろしくお願いします。

公式ホームページもぜひご覧ください!順次更新していきます!!

http://www.masumasu4181.com/


nakamozu_info001.png

Categories

  • カテゴリー1

comments

trackbacks

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
なかもずデンタルスタジオ 院長 歯科医師 清原正幸

なかもずデンタルスタジオ
http://www.masumasu4181
.com/

院長 歯科医師 清原正幸