技工士との徹底した連携により、自然な歯(補綴物)を製作します

万一歯を失ってしまった場合も、当院にお任せください。医師と技工士の巧みな連携プレーで、患者さまの歯とぴったり合う被せ物やインプラントなどで「限りなく自然に近いお口」を再現します。

患者さまの歯を限りなく再現

「天然の歯」は人生の何よりの財産です。できる限り削ることも抜くこともなく大切に守っていくことが、歯科医師の一番の務めです。しかし、やむを得ぬ事情で歯を欠損してしまった場合などに、そのお口を最大限元の状態に近づけることもまた、歯科医師の大きな役割と言えます。

たとえば1本の歯を欠損した場合、その欠損量によって行う治療が違ってきます。歯の一部だけを失った場合は詰め物をし、根の部分以外のほとんどを失った場合には被せ物をします。また根元も含めて失った場合は、入れ歯やインプラントなどの人工歯で補います。

上記のいずれの治療も、自由診療であれば治療方法や使う材料に制約がないので、見た目が白く、残りの歯との区別がつきにくい歯を再現できます。しかし当院は見た目だけにとどまらず、元の歯が担っていた働きまでをも再現することに強くこだわっています。

ただ「よく似せる」だけではない歯の再現へ患者さまの歯を限りなく再現
近年はお口の審美に対する関心が高まっています。「銀歯を白い歯に!」「自然な白さを実現します」のように「見た目」の美しさにスポットが当てられがちです。しかし見た目と併せて「噛める」「残りの歯の健康を害さない」「清掃性の高い」歯の再現も重視する必要があります。

当院専用の技工所を完備

専用の技工所を完備患者さまのお口にぴったり合う補綴物をお作りするためには、歯科医師だけでなく、しっかりとした技工士の技術も必要です。

当院の隣には専用の技工所があり、またセラミックにおける専任の技工士が常駐していますので、毎回の治療に立ち合います。

歯科医師の主な取り組み
限りなく元どおりに近いお口を取り戻すためには、まず患者さまの「噛み合わせ」「歯ぐきの状態」などの正確な診査が大切です。その上で、詰め物や人工歯などを入れたあと、ほかの歯や顎に負担をかけない「正しい噛み合わせ」を再現するための土台作りを行います。

この土台作りには、医師が「完成後の正しいイメージ」をきちんと描きながら治療を進めているかどうかが重要な鍵となります。当院の歯科医師は、高い技術と豊富な経験を駆使し、技工士による正確な型取り作業へと連携できるよう、強度も見込まれる支台形成をていねいに進めます。

技工士の主な取り組み専用の技工所を完備
患者さまのお口に入れる被せ物や人工歯を製作する段階になった際は、必ず技工士も治療に立ち合わせていただきます。患者さまのお口の中を目で見て確認し、専用カメラなどでの撮影を技工士自らが行います。患者さまのご要望などもきちんと伺います。

細かい部分まで確認をさせていただきながら、患者さまのほかの歯にぴったりマッチする色や形を割り出し「限りなく元どおりに近いお口」の再現のために最善を尽くします。

まずは、お悩みをご相談ください