外れない、違和感のなさを追求します

「奇跡の義歯」と呼ばれ、24時間つけたまま生活できる「ミラクルデンチャー」をはじめとした各種入れ歯を取り扱っています。これまでの入れ歯に満足できなかった患者さまにおすすめです。

入れ歯

「費用的にも期間的もインプラントより手軽だけど、快適な入れ歯がほしい」
「インプラントにしようと思ったけど、持病があって手術が難しい」
「入れ歯を何年使っても、違和感が取り除けない」

そんな患者さまにおすすめしたい、まったく新しい入れ歯「ミラクルデンチャー」の取り扱いを行っています。ご自身の歯が1本でもあれば、短い期間で「快適に噛める生活」を取り戻すことができます。すでにご利用の患者さまからも、次々とお喜びの声をいただいています。

 「1本くらい歯がなくても...」という考えは、大間違いです。
美しい歯と歯並び、心と身体の健康のためには、出来る限り患者さまご自身の歯を残すことが大切なのです。

自由診療の入れ歯について詳しく

当院の主な入れ歯

ミラクルデンチャーミラクルデンチャー
「ミラクルタッチ」と呼ばれる特殊な維持装置を使い、これまでの入れ歯の概念にまったく当てはまらない新発想で完成された「部分入れ歯」です。装着や脱着の仕方が従来の入れ歯と異なるのはもちろん、これまで入れ歯では「苦手」とされていたことができるようになる点も大きな違いです。

ミラクルデンチャーについてもっと詳しく

コンフォートデンチャーコンフォートデンチャー
従来の入れ歯の裏側を、生体シリコンという弾力性のあるクッションで覆った入れ歯です。ぐっと噛んだときにも痛みがなく、歯ぐきへの負担を大幅に軽減できるので、しっかり噛めるようになります。シリコンの吸着力でずれにくいのも特長です。

コンフォートデンチャーについてもっと詳しく

金属床金属床
義歯床を金属で作るので、保険適用で作る一般的な入れ歯に比べて厚みが出ません。さらに食べ物の温度をきちんと感じることができ、食事の味わいが良くなります。丈夫で、修理や調整が容易なのも特長です。

金属床についてもっと詳しく

ノンクラスプデンチャーノンクラスプデンチャー
金具を使わず樹脂の弾性を利用して支えるため、残った歯にかかる負担を減らせます。また、薄くて違和感が少なく目立たないのも大きな特長です。ただし、噛むときに負荷がかかる部分が樹脂性なので、金属などの入れ歯に比べて耐久性は劣ります。

ノンクラスプデンチャーについてもっと詳しく

2300万人の入れ歯の方に知っておいていただきたい話

噛むことはアンチエイジング  お顔のハリが失われにくいです。
噛むことは健康        消化不良、便秘などが改善されることもあります。
噛むことは幸せ        好きなものが食べられからノンストレス。食欲もUP!
会話を楽しむ喜び       話中に落ちる心配はもうしなくて大丈夫!

もしあなたがこれから入れ歯を選択するかもしれない、もしくは入れ歯で全く悩みがない、といった方も是非知っておいていただきたいことがあります。歯を失ってそのままにしていると、様々な影響が出てきます。 歯は全体のバランスから成り立っているので、たった一本の欠損でもそのままにしておくことはよくありません。

抜けたままにしておくと、次のようなデメリットがあります。

1.機能面での影響
2.審美面での影響
3.生活面での影響

1.機能面での影響
(1)抜けた歯とかみ合っていた歯が伸びて出てくる(対合歯の挺出)
失った歯の対合歯(かみ合わせの反対側の歯)は、かみ合う歯がないので、徐々に伸びてしまいます。伸びてきた歯をそのまま放置しておくと、いずれこの歯も抜かなければいけなくなります。

(2)抜けた歯の両隣の歯が動いて傾いてくる(隣接歯の傾斜)
両隣の歯が、歯がない方向に徐々に傾いてきます。長い時間そのままにしていると、さらに隣の歯も同じように傾いていきます。そして、噛めなくなってきます。

(3)抜けた歯とかみ合っていた歯が伸びて出てくる(対合歯の挺出)
対合歯の挺出や隣接歯の傾斜により歯間の隙間が広がるので、プラークがたまりむし歯や歯周病ができやすい口内環境になります。 プラークとは、むし歯や歯周病の原因となる細菌の集合体のことです。失った歯の周辺の残存歯が移動することにより、咬合(かみ合わせ)がずれてきます。また、失った本数が多い場合にはうまく噛めないので、もう片方の歯でばかり噛み(偏側咀嚼・片噛み)、かみ合わせのバランスが崩れていきます。かみ合わせのずれは、顎関節症の原因となります。

2.審美面での影響
(1)見た目が悪くなる(美観を損なう)
デンタルIQという言葉が日本でも広く知られるようになりました。 歯の美しさは知的な印象を与えます。歯列の一部欠損(歯抜け)は、人前で笑顔を見せることが億劫になったり コンプレックスとなり、コミュニケーションを阻害することがあります。 歯列の一部欠損(いわゆる歯抜け)は、人前で 口をあけたり笑顔を見せることに抵抗感を与え、コミュニケーションが阻害されたり、表情が暗くなりがちです。仕事にも影響を及ぼす可能性もあるでしょう。

(2)歯ぐきの位置が下がってくる(歯肉の退縮)
歯を失うと、歯肉が小さくなってしまいます。「歯茎がやせる」とも一般的に言われますが、実は歯肉の中にある骨の量が 少なくなるためにそれにあわせて歯肉が小さくなったように見えるのです。歯を失ってしまってそのまま何もしないと、骨が痩せてお顔のハリも失われてしまいます。また、向かい合う歯が伸びてきて歯並びに影響を及ぼします。抜けた部位の骨も痩せてきてしまいます。
歯肉の退縮は、歯周病(歯槽膿漏・歯肉炎)の進行でも起こります。

(3)顔のりんかくが変化してくる(顔貌の変化)
往年の映画女優マレーネ・デートリッヒは、頬のラインをくぼませるために奥歯を抜いたという有名な話があります。 奥歯を失うと頬のラインや顎のラインが内側に寄ります。 また、歯を失って時間がたつと歯肉がやせるのでさらに頬がこけて見えたり顎がたるんで見えたりします。

審美面での影響

3.生活面での影響
(1)ちゃんとかめない事で胃腸に負担がかかる(咀嚼障害による胃腸への負担)
うまく噛み切れない・噛み砕けないといった状態が続くと消化しにくい状態で食物が胃腸に送られることになり、 胃や腸への負担が増加します。また、咀嚼が十分でないと唾液の分泌が不足するので、消化の妨げになります。 さらに、固まりのままだと消化されづらいので、栄養の吸収も不十分で、体調にも影響を及ぼします。 その他、唾液は口の中をきれいにする自浄作用があります。唾液の不足は口臭の原因ともなります。

(2)うまく発音ができなくなる(発音障害)
歯がない部分から息が漏れ、発音が不明瞭になります。 聞き取りにくい話し方になるのを気にして、人と話すことに消極的になってしまいます。

(3)脳への刺激減少
口の中は非常に多くの神経が通っている繊細な器官です。 味覚・触覚・嗅覚が発達した部分なので、歯を失ったことによる咀嚼などの変化が、脳への刺激減少となります。 「よく噛むこと」は脳の老化防止へとつながります。

厚生労働省の研究によると、歯が少なく入れ歯も使わない65歳以上の方は、同年齢の歯が20本以上ある方に比べて、認知症になる確率が1.9倍も高くなるという報告も近年あげられています。

入れ歯でお悩みの方へ

入れ歯でお悩みの方へ・痛いのは原因があります・・・
・外れるのは原因があります・・・
・噛めないのは原因があります・・・
・硬いものが食べられない
・入れ歯の見栄えが悪い
・入れ歯が合わない
・臭いが気になる

入れ歯でお困りの方はたくさんいらっしゃると思います。今の入れ歯でお困りのことを教えて下さい。原因を把握してから、新しい入れ歯を作っていきます。

失った歯を補う義歯治療
あきらめないでください。噛みしめる、食事を味わう、喋る、笑う、など入れ歯は身体の大切な一部となります。なかもずデンタルスタジオでは、患者さまにあった快適な入れ歯をご提案いたします。あなたにあった入れ歯で快適な生活を取り戻しましょう!!

入れ歯と言えば、プラスチックの床(ピンク色の部分)に、陶材もしくはプラスチック製の人工歯が並んでいるものを想像されるかと思います。けれど、「入れ歯」とひとことでいってもその種類はさまざま、種類によってメリットデメリットも異なります。合わなくなっていても「なんとなく」で付け続けていると変な力がかかってしまい、骨が減ってしまう人もいます。気づいた時にはすでに骨が減っていて、ぴったりあった入れ歯の作成が難しくなることも。自分に合った入れ歯を見つけるためにも、まずは今の自分の症状を理解し、それに合った入れ歯を選びましょう。なかもずデンタルスタジオでは保険外の義歯については、多彩な義歯メニューをご用意しております。快適な義歯生活を送れるようお手伝いいたします。(保険の義歯をお望みの方は、グループ歯科医院ますだ歯科にて治療いただけます。)

入れ歯で重要なこととは...辺縁(端、周囲)の封鎖性とかみ合わせ

保険の入れ歯と自費の入れ歯の違いとは

保険の入れ歯(義歯) 自費の入れ歯(義歯)
人工歯の 色・形の問題 少ない 多い
床の種類 少ない 多い
入れ歯の固定方法 簡単な維持装置のみ 多数
製作にかかる工数 少ない 多い
装着した違和感 比較的少ない 少なくできる
入れ歯の強度 若干劣る 強い

自由診療の入れ歯について詳しく

様々な種類の特殊な入れ歯をお取り扱いしています

なかもずデンタルスタジオでは画期的な入れ歯を取り扱っています。
通常の保険でおつくりできる入れ歯のお悩みで多いのは、

・食べにくい、噛めない
・痛い
・話しにくい
・装着していることを他人に気づかれやすい
・安定が悪い、外れやすい
・臭いが気になる
・入れ歯安定剤にお金がかかる

などの欠点がよく挙げられますが、当院ではこれらの欠点を感じさせない自由診療(保険外)ならではの様々なタイプの「画期的な最新の入れ歯」をお取り扱いしています。

自由診療の入れ歯はここが違う!!自由診療の入れ歯
<当院で取り扱っている代表的な入れ歯>
ミラクルデンチャー
コンフォートデンチャー
金属床
ノンクラスプデンチャー

時間をかけた、精度の高い型取り
入れ歯の型取りは、かぶせものや詰め物の型取りとは違い、同じ患者さまのお口の型をとったとしても、とった人の印象をとる技術によりできあがる模型は大きく異なります。入れ歯の型取りは、職人的な側面があり、経験と技術を要する治療行為です。当院では医師、歯科技工士が共同で情報と知識、技術を共有し、より正確な型どりのためにどうすればいいのかを取り組んでいます。時間をかけて適切な印象剤を使い、細部にこだわった型取りを行い、噛み心地の良い入れ歯を作るよう、努力しています。

お口の運動に合わせた「かみ合わせ」
食事の時、あごは上下だけでなく左右にも動きます。安定した入れ歯を作るためには、左右に動くときバランスの良いかみ合わせが必要となります。ところが、あごの動きは人により異なり、左右にあごを動かしたときにバランスの良いかみ合わせを作るのは、容易なことではありません。なかもずデンタルスタジオでは、特殊な技術を用いて、患者さまのあごの動きにあったかみ合わせの入れ歯を作っています。

入れ歯でアンチエイジング
「入れ歯=老化」というイメージがあります。一方、アンチエイジング=抗加齢すなわち、老化を遅らせ若返ることを言います。『入れ歯でアンチエイジング』、矛盾しているのでは?と思われるかも知れません。ところが、入れ歯を作るとき一工夫すると、顔のしわを目立ちにくくすることが出来、その結果表情を明るくすることも可能です。

なかもずデンタルスタジオでは、入れ歯で取り組めるアンチエイジングにも取り組んでいます。

入れ歯の種類と特徴は?

入れ歯の種類
支えに使う歯が一本でも残っている場合は部分入れ歯(部分床義歯)、一本も歯が残っていない場合を総入れ歯(総義歯)と呼びます。各々、様々な種類があります。

保険の部分入れ歯(部分床義歯)の特徴保険の部分入れ歯
保険診療の部分入れ歯は、通常ご自身の歯に金属のバネをかけることで、口を動かしても外れにくいよう、食事をとりやすくしています。ところが、このバネは残っている歯に無理な力をかけてしまうのです。バネをかけている歯(支えに使っている歯)の寿命を大幅に縮めてしまうのが最大のデメリットです。

なかもずデンタルスタジオでは、保険の入れ歯では得る事の出来なかった「入れ歯」へのイメージがかわる様々な画期的な新しい入れ歯を提供しています。自由診療の入れ歯は他の残った歯を少しでも長く、そして心身ともに健康的な生活を送って頂きたいと考えているからです。支えに使う歯に対する影響が極小な、歯にやさしく、快適な入れ歯を作成し、患者さまから高い評価を得ています。(入れ歯でお悩みの方が、当院で入れ歯を作成した後、こんな感想をおっしゃいました。
『また好きなものが食べれるようになったのは嬉しいけれど、食事がおいしくて太ってしまった』
嬉しい悩みに一緒に思わず笑ってしまいました。自由診療の入れ歯のタイプは様々、ご自身に合った入れ歯をお選びください。

保険の入れ歯(総入れ歯=総義歯)の特徴保険の総義歯入れ歯
総入れ歯は、支えになる歯がありません。従って、入れ歯自体が歯ぐき(正確には顎堤といいます)に吸着することにより、ものを噛んだときも外れず、食事が可能となります。
ただ、総入れ歯はかみ合わせや歯を並べる位置が悪いと、食事の時に外れたり、痛みを感じる原因となります。

なかもずデンタルスタジオの総入れ歯は、自由診療ならではのメリット。時間をかけて型を取ると同時に、変形の少ない方法で作成します。更に、かみ合わせに通常よりこだわるため、大変な時間をかけて徹底的にこだわったかみ合わせを作り上げ、更に安定の良い入れ歯を作しています。

自由診療の入れ歯について詳しく

入れ歯治療の流れ

【STEP1】ご相談および診察・検査
次へ
【STEP2】治療法の決定
次へ
【STEP3】治療開始
次へ
【STEP4】入れ歯完成
次へ
【STEP5】メンテナンス

入れ歯のお手入れ方法

【STEP1】入れ歯を外し、水洗いをします
次へ
【STEP2】専用のブラシを使ってブラッシングします
次へ
【STEP3】入れ歯洗浄液に浸けます
次へ
【STEP4】水洗いをします

※注意点
入れ歯のお手入れは、最低でも1日1度は行いましょう。基本的には、食事の後と寝る前に水洗いをします。できるだけ、入れ歯用に作られた専用のブラシで丁寧に入れ歯を磨きましょう。

入れ歯(義歯)のお支払い方法について

治療費の支払い方法に関しては、当院のトリートメントコーディネーターにご相談ください。
各種クレジットカード、銀行系の低金利医療ローン、大手信販会社の医療ローンもご利用いただけます。

まずは、お悩みをご相談ください