麻酔時の痛みを和らげる工夫

「治療の痛みをなくすための麻酔なのに、麻酔注射の痛みが嫌」
「針がチクッとくるのが苦手」

無用な痛みは与えませんそんな恐怖心を解決するために、麻酔注射をする前には必ず表面麻酔を使います。ジェルやシールタイプなので、痛みはまったくありません。現在(2014年10月)はバナナ味で違和感を感じないジェルのみを使用しています。

この表面麻酔により、針を刺したときの感覚を鈍らせるとともに、お口のリラックスを図ります。

麻酔注射にもさまざまな痛くない工夫を凝らします。麻酔注射の痛みには主に3つの種類があります。

・針が刺さるときの痛み
・麻酔液の異物感による痛み
・麻酔液が注入されるスピードによる痛み

無用な痛みは与えません当院はそのすべての痛みを軽減するために、一番痛みが少ないとされている極細の針を使用しています。また液の温度は、体温とほぼ変わりない37度に温めます。さらに注射の際に液の注入が不安定にならないよう、電動注射器を使用して少しずつ安定した量を投入していきます。医師によっては、よりていねいにスピードをコントロールするため注射器で行う場合もございます。

まずは、お悩みをご相談ください